フィリピン留学って聞いたことありますか?

これから少しフィリピン留学について書いていきたい。

というのも俺自身大げさだけど、フィリピン留学をして人生が変わった中の一人であるから。めちゃくちゃ楽しかったのに加えて、英語をビジネスシーンで使えるようになり、一生モノの仲間を見つけることができた。自身の体験談も後で書いていこうと思う。

 

そもそもフィリピンって何?っていう人もいると思う。

 

f:id:sendaman07:20160119112531j:plain

 

フィリピンといえば、海がきれいで、セブ島が有名なんだけど、実はフィリピンの人たちは、世界で3番目に英語を話すんだ。

 

だからセブなんかに行けば、ほとんどの人がきれいで流暢な英語を話す。

 

また発展途上国であるため、物価がきわめて安い。タクシーなんかは初乗り70円くらいで乗れるし、ビールなんかも50円で飲める。

f:id:sendaman07:20160119123840j:plain

特に注目したいのが、給料の水準もかなり低いということ。 もちろん業種によって変わるが、平均するとだいたい月3万円くらい。

 

この ①フィリピン人の英語水準は世界3位 ②人件費が安い ということに目をつけたのが韓国。

 

2000年中頃から韓国人は、国内の就職氷河期による海外就職の人気と相まって、フィリピンに英語の語学学校を作ったのである。

 

これが韓国人大学生の事情とマッチングし、フィリピン留学はめちゃくちゃ広まっていった。

 

この語学学校の特徴として、

①フィリピン人の先生とのマンツーマン授業が中心(だいたい1日4時間、これに加えて同じくフィリピン人によるグループレッスンが3,4時間)

②語学学校の経営は、韓国やフィリピンの政府が運営するのではなく、韓国人起業家が運営している

③セブ島は海がありリゾート地としての特徴を活かし人気が出て、バギオという地域も日本の軽井沢と呼ばれ、南国には珍しいほど涼しく、勉強しやすいという理由で広まった

④韓国人が経営していることから、スパルタによる指導がされている。平日は外出禁止、朝から晩まで授業と自習をするスタイルである。スパルタといっても、体罰がなされるということはなく、真剣に勉強するということである。

⑤宿付き、3食付で、月10万円程度の授業料

f:id:sendaman07:20160119123951p:plain

などがあげられる。

 

そしてこれが日本人の間でも、2008年ごろから広まり始めた。

 

しかし、韓国人経営のフィリピン語学学校は、韓国人のために作られた学校であったため、教材も韓国語であったり、食事も韓国特有の辛いものばかりであったりしたため、日本人で不満を抱える人も多かったために、徐々に日本人起業家の語学学校進出も広まっていくこととなる。

 

今では、韓国人経営と日本人経営の学校を合わせると、数百の語学学校がフィリピン内に存在する。

 

また学校ごとにも特徴あったりして、ビジネス英語にフォーカスしている学校、カランメソッドと呼ばれるイギリス仕込みの教育を展開する学校、TOEIC・TOEFLなどの試験対策に強い学校などがある。

詳しくは、フィリピン留学の口コミでNo.1のスクールウィズで見るといい。

 

フィリピン留学は特に日本人に最適だと思ってる。

 

日本の英語教育はご存じのとおり、英文法・英単語を暗記させるだけ。だから東大生なんかでも最初は全然しゃべることができない。

これやばいっしょ。

かつ日本人は暗いやつが多いから、明るいフィリピン人、さらに開放的なリゾート環境なんかは、人生を考えるのにもうってつけだと思う。

 

ほんと金のない大学生で、なんか人生もやもやしてるなら絶対行ったほうがいい。

行くと得られることをまとめると

①しゃべれる英語ができるようになる

②陽気なフィリピン人との楽しい日々

③韓国人との交流

④フィリピン人は日本人が好きだし、学校の寮では日本人・韓国人とも男女共同生活なので、彼女ができやすい

⑤普段合わないような、広い価値観をもった幅広い年齢層の人たちとの人脈ができる

 

もちろん留学しただけで、人生変わるなんて言わないけど、変わるきっかけには確実になるはず。

 

ちなみにフィリピン留学で一番安い、エージェントを紹介しておきます。

月9万円くらいで行ける学校もあるし、サイトは見づらいけど、カウンセラーの情熱が半端ないんで、カウンセリング受けるだけでも価値あるかも。

phil-english.com

 

※高城剛さんや太田英基さんなんかが積極的にフィリピン留学の有益性を情報発信したこともあって、若者を中心に浸透し、2014年には年間約35000人もの日本人が留学するようになった。

Amazon.co.jp: 21世紀の英会話: 高城 剛: 本

サムライバックパッカー・世界一周をした若き起業家のメモ | サムライバックパッカープロジェクトは「タダコピ」創業メンバーである太田英 基が新たに仕掛ける“若者のグローバル志向の底上げ”をミッションとして立ち上 がった世界一周プロジェクトです。2010年9月から世界数十カ国を約2年かけて巡りました。

The following two tabs change content below.
自由に生きる放浪者。 放浪者だが週6勤務(笑) 20代や社会的弱者に武器を提供し、自由に楽しく生きやすい日本に!をミッションにしている。 そのソリューションとしてとっつきやすいPOPな自己啓発とWebリテラシーを伝える活動を行っている。 趣味:洋画鑑賞、読書 スキル:SEO、リスティング広告、コンテンツ制作、コピーライティング

Comments

comments