マインドの話を書くことが多かったけど、この不況のご時世、稼いでいかないことにはどうしようもない。

そこでどういったスキルを僕らは身につけていくべきか考えてみた。

まず会社の寿命がどんどん短くなる現代において、一つの会社でしか通用しないスキルを身につけてもしょうがない。またそのスキルがある程度汎用的かどうかもポイントだ。

ITのスキルなんかは、どこにいっても通用する。

パワーポイント、エクセルなどはどこの会社でも使うし、webマーケティングのスキルであれば、個人としても生きていける。

 

今年の目標が稼ぐことということもあって、俺はパワポやエクセルはいったん捨てた(笑)

だってこれは40代、50代でもデキる人がたくさんいるから。

だけど、SEOだったり、Wordpress、SNSなどのwebマーケティングになれば、若いやつでもできればできるほど優位にたてる。

つまりレバレッジの利くスキルであるということ。

 

この考え方ってかなり大事で、特に若いやつほどこういう風に考えなければならない。

よくプロになるには1万時間必要という1万時間の法則があるが、webマーケティングの世界では、1年間本気でやるだけでもプロとして食っていける。

 

そしてポータビリティ性もあるんだ。

つまりどこに住んでようが、ネットとPCさえあれば、生きていける。

 

結局これからのスキルは、若いやつでも個人として稼げて、ポータビリティ性があるかという点が最も重要になってくる。

 

おすすめ本

自由な人生のために20台でやっておきたいこと 本田直之著

The following two tabs change content below.
自由に生きる放浪者。 放浪者だが週6勤務(笑) 20代や社会的弱者に武器を提供し、自由に楽しく生きやすい日本に!をミッションにしている。 そのソリューションとしてとっつきやすいPOPな自己啓発とWebリテラシーを伝える活動を行っている。 趣味:洋画鑑賞、読書 スキル:SEO、リスティング広告、コンテンツ制作、コピーライティング

Comments

comments