俺はメンタルが弱いです。ほんとに。

気が弱い、ビビり、臆病、恥ずかしがり屋などいわゆるメンタルが弱い人は、この世の中はとても生きづらくなってる。

このことはサッカーをやっていた中学生の頃から実感してた。 特にスポーツの世界でメンタルが弱いと残酷で。 サッカーは好きだったが、試合前になると震えていたし、練習も億劫になっていた。 学校だと不良に憧れるものの、気が弱かったために、中途半端で。 勉強にも気が入らずで。 恋愛も勝算がないと告白できなかった。

サッカーで挫折して、ビジネスでの世界に憧れるも、一般に成功している人は、決まってメンタルが強く、行動力が半端なくて、結局メンタルじゃねえかよと何度思ったことか。

起業を志したものの、経営者に話を聞きに行ったり、いきなり事業を起こすのは怖くて、まずは本を読むことから始めた。 また本もそれまでは読んだことがなかったので、自分にとって一番読みやすい簡単なものから入った。

今の弱い自分でもできることはないかなと、とりあえずもがいてやってきたのがこの2年間で。


でもこの世の中そうやって自分のできることでいいから、動いていると、だんだん世界は変わってきてくれた。
 うさんくさいが、自分にとって必要な人が引き寄せられてることもすごく感じる。

まだまだメンタルは弱いし、何も成し遂げてはいないけど、俺にも起業して成功することはできるんじゃないかなと思えるようにはなった。 本も月に10冊以上は読めるようになった。 経営者に会うのも緊張はするけど、自分の意見を言えるようになった。

だからメンタルが弱いからといって、あきらめる必要なくて、確かに弱いと生きづらいことが多いけど、それでもなんとかなるようになってる。
成功した人でも、もともと気が弱くて必死だった人も多いということも本を通して知ることができた。

それにメンタルが弱くて、成功した人は、かなり強いリーダーになってることが多い。


まずは自分ができる小さいことから、自分を責める必要なんかない。

メンタルの弱い人は、加藤秀視さんの本を読んでみてください。ほんとに参考になります。

ONE 加藤秀視著

The following two tabs change content below.
自由に生きる放浪者。 放浪者だが週6勤務(笑) 20代や社会的弱者に武器を提供し、自由に楽しく生きやすい日本に!をミッションにしている。 そのソリューションとしてとっつきやすいPOPな自己啓発とWebリテラシーを伝える活動を行っている。 趣味:洋画鑑賞、読書 スキル:SEO、リスティング広告、コンテンツ制作、コピーライティング

Comments

comments